ガイドブックに載っていないオーストラリアの旅

  あなたは  counter 番目のご来場者です。(1998.11.1カウンター設置以来)

1995年7月下旬にオーストラリアに行って来ました。その時のようすをスナップと一緒にご紹介します。
2000年4月22日に一部更新しました。

map

 エアーズロック(Ayers Rock)
   大陸の中央部にある。一枚岩では世界最大。
   地元原住民のアボリジニにとっては聖地。
   左が夕方日没前,右が昼間に撮影したもの。 













左より
 @エアーズロックの表面
 A中腹からの眺め
 B途中まではチェーンロープが張られ
   登りやすくなっていました。
   しかし,中腹を過ぎるとロープはなくなり
   まるで台風の風のような強風が吹いて
   いて,飛ばされそうになりました。
  事実,登頂中に死亡した人もいます。



                                
エアーズロックの頂上
  当時は何百人という人が毎日登っていた。
  強風のため飛ばされそうになりながらも
  最後まで登った。




certificate
エアーズロック登頂証明書
  登頂をした人全員に渡される。
  登頂成功から途中までで断念など
  ランクをつけられる。
   私にとって宝物だ。







(左)
 マウントオルガ


(右)
 ウルルの夕焼け











AYERS ROCK RESORT

 エアーズロックリゾート自然公園の
 標柱。ここはオーストラリア大陸の
 ど真ん中だ。

 日本のガイドブックにはあまり紹介されていない
 エアーズロックリゾート自然公園周辺の案内図を
 ご覧下さい。






     at sydney

シドニーにて








  同市のシンボル,オペラハウスと
   ハーバーブリッジが太陽に照らされ
   輝いていた。       
   昼間と夜とではイメージがちがって見えました。
            
  




●これから初めてオーストラリアへ行く方へのアドバイス
   ○伝染病防止のため世界でも持ち込み物の制限の厳しい国。植物や食べ物は一切持ち込めません。
    のりや梅干しなんかもだめです。出国前には国内で買った食べ物は早めに処分しておいてください。
    オーストラリアからの帰国時も同様です。現地で買った花も置いてきました。
   ○大都市では日本語が通じます。買い物でも安心です。
   ○オーストラリアのお札は世界でも珍しいプラスチック製です。(洗濯してしまっても大丈夫)
    また,50セント硬貨は十二角形でこれも珍しいコインです。
    記念にしたい人は両替せずに取っておくといいでしょう。
$550¢
(左) 5ドル札
   肖像は国家元首,クイーン・エリザベス2世
   右下の部分にプラスチック箔が張り付けられ,
   向こう側が透けて見える。

(右) 50セント硬貨
   左にカンガルー,右にエミュが描かれている。
   オーストラリアを代表する生物で国章でもある。 


   ○国際電話は安い。日本へ直通電話をかけたが,3ドルで10分ほども通話ができた。今はどうかな?

   ○ゴールドコーストにある「シーワールド」は次の項にもあるとおりチェックポイントですが,注意すべき事が
    ひとつ。呼び物の水上スキーショーでは最前列から6,7列目までの席では見ない方がいいでしょう。
    やむおえずその席となった場合には,約40分のショーの最後ではざんぶりと海水をかぶります。
    ショーの前に英語と日本語でアナウンスがありますが,はっきり言って発音が悪いので聞き取れません。
    でも,このことを知っていないと,カメラや着ているものなんか台無しになってしまいますよ。

 司会者が直前に
 「Cover your camera!」
  (カメラを隠して)と叫んでいる
 のですが,その1秒後には
 悲惨な光景になってます。

  ステージ後方から    司会者が逃げ出して  道化役の男性が  観客席も水しぶきを
  ボートがやって来ます。               水しぶきに隠れ   浴び大騒動です。


   ○南半球ということもあって,北半球とは違う現象も見られます。
    洗面所で水を張った後に栓を抜くと,日本とは逆の向きに渦を巻いて排水されるのが見られます。

   ○日本では絶対に見られない南十字星は一度は見ておかないとね。  

●お勧めスポット 
   @ゴールドコースト
     ○カランビン植物園
        色とりどりで珍しい種類の野鳥たちが放し飼いで見られます。ロリキートの餌付けができます。
seaworld
○シーワールド
   水上スキーのショーやゴールドコーストの上空をヘリで遊覧できます。遊覧ヘリは当時80ドル。

   Aシドニー(あまりにも有名なオペラハウスはここでは除外します)
    tower 
○シドニー・タワー(センターポイント・タワー)
   シドニー市街を見渡せる展望台があります。東京タワーから見られる乱雑な街の風景とは違った
  整然とした町並みとオペラハウスなどのある港の美しさが楽しめます。




This is Sydney.






  



     ○サーキュラー・キー
         シドニー湾に面した,その名の通り「円形の埠頭」。夜には出ていく遊覧船やボート,ぼんやりとし
         た街の灯に照らされた船着き場。うまく言葉では表現できないが,日本の街には見られない風情
         がある。恋人どうしなら言うことなしのムードだ。


       

○キャプテンクック・クルージング

        サーキュラー・キーから出る,シドニー湾内を周遊する遊覧船。じっくりと街の風景,夜なら夜景を
        楽しむのもいいが,料理やショーが楽しめる。
        私は「ショータイムディナークルーズ(Showtime Dinner Cruise)」を楽しんだ。
         
 
歌詞と対訳






簡単ですが,私のオーストラリアの紹介は以上です。
 なお,このページの背景色は,オーストラリアの赤茶色い大地の色を表現しました。

ホームへ戻る homebutton